就職と意見と倍率について

就職の面接の際に、集団で意見を言い合う、集団面接、というものがあります。

これは、いろいろな新入社員の意見を、テーマを決めて、それぞれが意見を言い合う、という面接方式であり、多くの大企業で用いられている方法です。

この就職試験には、向き、不向きがあり、リーダーシップをとりやすい人物の場合には、このような集団面接の時に、自分の意見をアピールすることが上手くできます。

また、そうしながらも、他者の人の意見を聞く側にまわったり、全体の意見をまとめ上げたり、といった力が発揮されるので、面接官の目にとまりやすい注目の人材となります。

ただ、このような就職面接方法が苦手だとしても、しっかりと自分の意見を言えば、それほど不利にはなったりすることはありません。

逆に、ただうつむいて、何もしゃべらない、一言も参加しない、このような態度であると、かなり面接官としても、印象に残らない、または、就職面接で切られてしまう可能性があるため、出来るだけ、自分の意見をしっかりと言えるように練習をしておくことが、必要となります。

このような集団面接の試験では、倍率は、それぞれの企業によって異なっており、大企業でも、30倍以上といった倍率のケースもあれば、滑り止めのために、この会社を受けている、そのような人もいるため、実際的には3倍程度の倍率になる場合もあります。

というのも、滑り止めの場合に、保険として、その大企業を受けている人も少なくなく、そのような人の場合には、合格しても、他の会社に移ってしまうケースが圧倒的であるため、倍率が高くても、敢えて人がいなくなることを想定して、多めに人を多くとっておくケースが多々あるからなのです。

©2016 就職難を乗り切ろう!. All Rights Reserved.