就職と東京と洗車について

東京での就職を希望している場合、職種にもよりますが、圧倒的に東京での就職の方が、地方への就職に比べて、簡単だとされています。
これはなぜか?というと、東京には出版社や大手企業、大手の外資系企業など、日本の中枢を担う企業がほとんど集まっており、また、東京は人口が地方に比べて圧倒的に多いため、いろいろな面で就職がしやすい環境となっています。
地方では、仮に正社員として働くことが出来ない人でも、上京して、東京に出てきたら、正社員として働くことができるようになった、就職が決まった、このような方も多い実情があります。
また、一時的なバイトや派遣などの仕事にも、若者が就職したい仕事がとても多く、例えば雑誌の編集のアルバイトの仕事や、漫画家のアシスタントの仕事など、地方では不可能な仕事が多くあります。
ところで、地方と東京との違いに、車の数があります。
地方では、地域にもよりますが1人1台は車を持っており、車を持っていないと仕事などに行けないケースがほとんどです。
一方で、東京では、路線などが大変に発達していることから、車が無い生活でも、日常的に何の問題もなく、また、車を持っている人は、ほとんどが年収が800万円から1000万円以上など、セレブな方たちが車に乗っています。
洗車については、東京にもガソリンスタンドがあるため、そちらで洗車などを行うことが出来るため、これも地方と変わらず、とても便利となっています。
また、洗車場もあり、そちらで自由に洗車が出来る設備があります。
車の駐車代金はかなりの高額ですが、駐車するスペースなども確保されているため、車を持っている方は、ステータスとしてかなり高い地位を持っている方がほとんどです。

©2016 就職難を乗り切ろう!. All Rights Reserved.